環境省主催の「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」に行ってきました!!

まずブログで初猟の話を、ということでしたが、11月10日に岩手県で行われた若手狩猟者を増やすためのイベントにパネラーとして出席してきたので、こちらを先に報告します。

「狩猟の魅力まるかわりフォーラム」と名付けられたこのイベント、今回は滋賀県の女性狩猟者齊田由紀子さんが、狩猟者のなり方や狩猟の楽しみ方について基調講演されました。写真で見るとさわやか美人なのですが、関西弁バリバリのパワフルねーさんでした。

 パネルディスカッションでは、若手・ベテランハンター含む6名が壇上に上がり、ハンティングを始めたきっかけや楽しさについて盛り上がりました。大○本猟友会会長が、実は西部劇にあこがれて狩猟を始めたという驚きの情報も。とにかくキジが食べたくて猟を始めたというベテランハンターさんもいて、とっかかりは結構みんな単純(笑)。

 このイベントは全国8か所で行われる予定で、来年1月19日には札幌でも行われます。まだ狩猟者になっていないけどちょっと興味がある、というみなさま、ぜひご参加ください!

会場にはいろいろなブースがでていて、各種剥製もならんでいました。

 ん・・・、真ん中にあるのはなんだろう?

ポ、ポンタ・・・!

今回のイベントに参加していた若い女性が、ハンターの印象を「かっこいい」と言ってくれたのが印象的でした。こういうイメージが広がるといいなぁ。

おまけ。。。

イベントにあったハンティングシミュレーションがおもしろかった!大画面に映るクレーや獲物を模擬銃でばしばし撃っていくというゲームで、オジロジカ、イノシシ、ライチョウ猟のほか、プレーリードックハンティング(これはえげつなかった・・・。飛び散るの(苦笑))なんかもあり、各種の猟が体験できて大満足。やりすぎて左腕がパンパンになってしまった(模擬銃が重いのだ)。札幌でもできないかな~。

会長M

広告