秋のシカ猟リポートin釧路

2012年度狩猟解禁から2回出猟するも、いまだ0頭。

同行してくれる師匠にも申し訳なくて、11月17日、釧路市のとある猟場に一人で出陣しました。以前から目をつけていた場所があったんです♪

午前6時半ごろ車から降りて双眼鏡でお目当ての山と牧草地を見ると、いるわいるわ。

日中には見えない光景です。しかし、勝負場所はここではないので、徒歩で、裏手の牧草地に向かいます。

山あいに囲まれた牧草地でのんびり採食するシカがこちらに1頭あちらに2頭。                      牧草地よりも高い斜面にある道から眺めているので、向こうは気づいていません。              「ひっひっひ」含み笑いがとまりません。

しかし、牧草地に静かにアプローチできる道を探していたら遠回りになっちゃって、結局笹やぶをこぐしかなくて・・。シカが山に戻ってしまうんじゃないかと、あせりました。

そして、目をつけていた2頭の牧草地付近に到着。もはやシカも私に気づいた様子。        100m切ってからと思っていたけど、もはやこれ以上は近づけず、発砲。                                 そして失中・・
「ああ、またか・・」不調続きの自分に落胆。
もしかしたら・・を信じて、シカがいた方向に向かっていったら、林縁に立ってこっちをじっと見るシカが1頭。さっきのシカのどっちかか?

50mくらいの距離で発砲。                                                                                                         「パアーン・・・!」                                                                                                                   弾が当たって、数10m程度走るも地面に倒れた様子。

ああ、なんだか、シカに感謝・・・。午前8時半。

牧草地にはほとんどオスしかいなかったけど、メスがほしかったなあ。                                       若いといえども成獣オス、とても重くて、かがんでの解体作業はほんと腰と両腕にきます。      でも、車で来にくいため、人の出入りが少ない場所なので、安心です。                                    またここに来よう!と思いました。

秋のシカ猟1

写真1.年齢は3歳以上。オスとしては小さいけど、私にとってはつらい。雪があるとまだやりやすいんですが・・。

秋のシカ猟2

写真2.一人での解体作業は、マイペースでできるのと、やり方を反芻できるのがいいです。肝臓は持って帰ったものの膿瘍だらけで、全然使えなかった・・・。

秋のシカ猟3

写真3.私のリュックにはとてもすべて入りきらず、車まで2-3往復が必要・・。         絶望的な気持ちでいたら、近くの農家のおっちゃんが、トラクターで一気に運んでくれました。 ああ、涙が出るほどうれしかった。

 会員U

広告