農家+狩猟=自給自足!

農家になって1年目の秋、日が沈みかけた薄暗い畑の中で何かが動いている・・・。熊?かと思って心臓がバクバク、怖くなって逃げ帰ってしまいました。

それから数日後、2頭の立派な角を持った牡鹿が日暮前の畑に佇んでいました。

葡萄を植えている畑に行ってみると葉がない!そこには無残にも枝だけになった葡萄の木があるだけでした。このままでは葡萄が鹿にやられてしまうと危機感を抱き、狩猟免許を取ることになりました。

ここ数年、私の暮らす町でも鹿の被害が増えてきており、深刻な問題になりつつあります。ハンターの高齢化もありますし、近所の農家さんも数年前に辞めてしまい、こんなに鹿が出るなら辞めなきゃよかったと嘆いています。

都会に居るときは、なんとなくニュースや新聞で野生動物の農業被害を見たり聞いたりしていましたが、大変なことなんだと実感しました。

畑への被害から取得した狩猟免許ではありますが、鹿猟に参加して山の中を歩き回ったり、美味しいお肉を頂けるのはとても楽しいものでした。

畑からは野菜を頂けて、山からはお肉を頂ける、自然の恵みに感謝しながら暮らす日々は苦労も多いですが、とても豊かな暮らしだと思っています。

農家も狩猟もまだまだ新米ですが、地域にも貢献できるように腕を磨いて頑張りたいです!!

えいちゃん写真

畑の上から見える景色、とても気持ちのいい場所です!

会員 つむさん、農家

広告