初めてのシカ事故

こんにちは。なかなかTWINの活動に参加できていないのですが・・・今回、初めてブログを執筆いたしました米井と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今冬、度重なる暴風雪に見舞われた道東の別海町でも、ようやく雪が解け、春らしい気候になってきました。行楽シーズンを迎え、車の往来が多くなるこの時期、多くなるのがシカと車との衝突事故です。運転免許を取得してから17年が過ぎた昨年、初めてシカ事故を起こしてしまいました。

その日は仕事が遅くなり、いつもの通勤路(自宅から職場までおよそ35キロの道のりです)を車で走行中、多分よそ見をしたのでしょう。法定速度で走行していたので、普段ならば止まれたはず・・・でしたが、ふと気付いたときには、左前方にメスジカが!!

彼女と目が合い、渾身の力でブレーキを踏んだのですが間に合わず・・・

大きな衝撃と、咄嗟に出た自分の声に驚きながらも、はねてしまった彼女を探したのですが、致命傷にはならなかったようで、山のほうへ走り去ってしまいました。きっとその後、力尽きてしまったと思います・・・ちなみに、もし、シカ事故を起こした後は、二次被害を防ぐために、必ずそのシカの行方を確認して下さい。その場で息絶えていたならば、亡骸を安全な場所に移し(女性一人では難しいかも)、警察等に連絡をして下さいね。

私のシカ事故のその後ですが、はねてしまってごめんね・・・と思いつつ、外に出て車を見てみると、衝撃の割には被害が少なさそうでした。しかし、なんだかよくわからない液体が車から流れ出ていたので、運転することを諦め、安全な場所に移動し、加入しているJAFに電話をして、車を引き取りに来てくれる搬送車を待つことに。初めての事故でしたが、JAFの方とお話しをしたお蔭で意外と冷静になれました。

写真1

写真2

そして、警察に行き、事故証明を発行してもらうのですが、本当にシカ事故?という意味合いなのか、警官に車にシカの毛がついているのか確認されました。いろいろと質問されるのですが、事故を起こした場所については、夜&田舎道なので、だいたいの場所しか答えられず・・・もし、その日ひき逃げ事故があったとしたならば、真っ先に疑われるんだろうな私・・・と思いながらも書類を作成してもらい、事故を起こしてから自宅に戻れたのは2時間半後。いろんな意味で、長い長い1日でした。

釧路開発建設部の道路情報「シカ事故に注意」のURLを貼っておきます。道東地区を車で走行される方は、ぜひ一読されると良いかと思います。くれぐれもお気を付けてください。

http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/road/etc/shika/shika_top.html

会員 米井、栄養士

広告