鹿の脂が好きなんです

こんにちは、会員のエヌコです。エゾシカ肉が大好きで、最低でも月1度は食べるように心がけています。(最近はなかなか達成できていませんが…)

私の暮らす釧路はエゾシカ料理を提供する飲食店が多く、バリエーションもさまざま。カレー、そば、ラーメン、スパカツ、メンチカツ、まんじゅうといった大衆料理から、おしゃれなフランス料理まで、色んな料理が味わえます。

いろいろ食べていると、時々「どの料理がおすすめなの?」と聞かれることがありますが、いつも迷った末に答えるのは、スペアリブの炭焼きです。

DSC_1961

DSC_1961

これは、地域のイベントの際に地元の養鹿業者さんが時折出店しているもの。エゾシカのスペアリブに塩コショウをして焼く…という大変シンプルなメニューなのですが、これの脂の部分が絶品なのです。

私の知人の、あまりエゾシカ肉を食べない人たちがよく言うのは、「シカ肉ってパサパサしていて苦手」「レバーっぽい味がちょっと…」。そういう人にこそ一度、シカの脂を食べてもらいたいといつも思うのです。

シカを問わず、動物肉の脂身って適温で適量を食べると、口いっぱいに「幸せな甘み」が広がりますよね。中でも、シカの脂には独特な味と甘みがある気がします。(感覚としては、ラムの脂に近いのでしょうか?)

この文章を書いている間にも、思い出してよだれが…(スミマセン)。それだけ、癖になる食べ物だと思うのです。中毒性があるのかも?笑  皆さんもぜひ一度、脂たっぷりの部位も味わってみてください~!

会員 エヌコ、ライター

広告