エゾシカまでの距離0 cm!

仕事でエゾシカ対策にしばしば携わることがある私が、

プレゼンをする時の冒頭で「いかにこの地域にエゾシカが多いか」を

示すためのインパクトとして使用する写真があります。

それがこちらの写真です↓

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91-sinohara

奈良公園…?

いえいえ、この写真が撮られたのは道東・厚岸です。

「野生としての何かを失ってない?」

と思わずシカに問いたくなります。

 

厚岸の町中では、夜のコンビニの駐車場で屯するのはヤンキーではなくシカです。

完全に人慣れしてしまっているため、写真のように触れ合えてしまいます。

このように本来の生息適地でない住宅地を徘徊するシカ=“アーバンディア”が

厚岸のいたるところで見られます。

 

そして最近気づいたのは、

この町にいるシカは町の中で繁殖を繰り返している…!?ということです。

人を気に留めることなく、のんびり呑気に反芻している姿をみると、

「このシカは一番安全な場所が住宅地ということを学習してしまったのか!」

とシカの賢さに改めて驚かされます。

 

町の有害駆除や一般狩猟に加え、様々なエゾシカ対策がなされていますが、

上写真のシカのように、住宅地を一番の安全地帯と学習し、

住宅地で繁殖するシカが増え続ける可能性を考えると、

これまで以上に交通事故や人身事故も多くなる危険性を回避するためにも

エゾシカ対策は喫緊の課題としてまだまだ取り組んでいかなければと思います。

 

 

最後にもう一枚。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92-sinohara

シカとカラスは共生関係…??

冬毛から夏毛に生え換わる時期とカラスの巣づくり時期が被っているのか、

カラスが遠慮なくシカの毛をむしっています(笑)

このカラスの巣はさぞあったかくて寝心地が良いんだろうなぁ…(´∀`*)

 

会員 えぞりす 公務員

(2015年8月執筆)

結婚式と新婚旅行

昨年6月28日に入籍をしました。
結婚式は身内だけの少人数で行い、かなりアットホームな式と食事会となりました。
もちろん食事はエゾシカ肉の料理をオーダー。東京から来た義母より「おいしい!」と嬉しい一言。
%e5%9b%b31
そして、次の日に新婚旅行へ。
行き先は京都と奈良にしました。なぜなら奈良のシカを見るためです。父には「シカは北海道にもいる」
と呆れられましたが。

まずは、京都の宇治で鵜飼を船に乗って見学。まるで、古の宇治の街ににタイムスリップしたようでした。
%e5%9b%b32
続いて、奈良では楽しみにしていた春日大社へ。鳥居をくぐり奥へ進むと獣臭がしてきました。
いました!たくさんのシカが。武甕槌命が鹿島神社から乗ってきた白鹿の子孫といわれているからか、
とても上品で優美な印象を受けました。
春日大社の中には、鹿苑があり、ちょうどシカの赤ちゃんを公開していて、親子にエサをあげることができました。
エサを購入してシカへ向かってポーンと投げるため、釧路動物園のサル山を連想してしまいました。

%e5%9b%b33

%e5%9b%b34

その他、これでもかというくらい神社、お寺を巡って帰って来ました。
お陰様で心がきれいになったような気がしています。

最後は、最近旦那さんが作ってくれたシカカツです。
おいしかったです。
%e5%9b%b35

今回の旅行で、つくづくと私はシカが好きなんだと再確認しました。

会員あやこ 栄養士

(注:2015年8月4日執筆)