エゾシカまるわかり講座-出張編-

TWINが関わっているシカ角細工イベント。これまでは札幌の中学校で行っていましたが、今年から出張講座も始めました。

2月は札幌市の西岡公園、3月は釧路市立博物館で。シカのことを知ってもらうために、いつもの「シカトランク(に入りきらない)キット」も持っていきます。内容がどんどん充実してきて、頭蓋骨やら角やら毛皮やら、シカ以外のものも増えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シカの頭蓋骨をヒグマやオオカミ(レプリカ)、ウサギやタヌキなどと比べながら、草食動物の特徴を勉強したり、シカの毛皮を触りながら、夏毛と冬毛の勉強をしたり。

いつもは動物の足跡の勉強も屋内でやるだけですが、西岡公園では、雪の中をみんなで歩いて動物の痕跡を探しました。さすがに“シカだ!”というのは見つかりませんでしたが、キツネの足跡を見たり、持参したシカの食痕を観察したりしました。

DSC_1521

もちろんシカ角細工もやります。工具の使い方や作業の進め方を一通り説明した後は、各自で好きなものをひたすら作る!最初は何を作るか悩んでいた方々も、時間がたつにつれどんどん無口になり、作業に没頭します。すでにベテラン、という方もいたりして、いろいろな作品が仕上がります。みなさん、発想がユニークです!

DSC_1594

初めての出張講座でしたが、いつもと違う環境で、いつもと違う取り組みが出来たりして、良い経験でした。ご協力いただきました方々、どうもありがとうございました!

 会長 ゆきこ・シカ研究者

広告
カテゴリー: TWIN